カメラを選ぶポイント4つ!

2018-11-07PC・カメラ機材

こんにちは。ふんたろうです。

スマホじゃ物足りないと感じて、カメラを買いたいと思ってるそこのあなた!
カメラを選ぶときにどれを選んでいいか分からない。そんな声をよく聞きます。
多分、コンパクトデジカメ?ミラーレス一眼?一眼レフ?
結局どれがいいのか?コンパクトデジカメならどれがいいのか?
など、ふんたろうのところにも何件か相談が来ます。

そんな時にふんたろうが最初に聞くこと、それは

「何を撮りますか?撮った写真を何に使いますか?」
この質問をします。
ではなぜこの質問をするのかを深く説明していきます。
…が!!!その前にどのカメラと買うといいかの答えから言います。

「撮る被写体が子どもさんなら、ズームの利くレンズで、連射があると便利」
「撮る被写体が風景ならレンズ交換ができる一眼レフが後々のことも考えて便利」
ふんたろうはこう考えます。
※あくまでふんたろうの意見です。

選ぶときにポイントとなるのは4つ!!
①予算
②大きさ
③写真の用途
④メーカー

では詳しく見ていきましょう。




目次

カメラの種類
コンパクトデジカメとは
ミラーレス一眼とは
一眼レフとは
それぞれのメリット・デメリット

センサーサイズの種類
フルサイズとは
APS-Cとは
フォーサイズとは
それぞれのメリット・デメリット

レンズ交換式のメリット・デメリット

カメラの種類
ここではコンパクトデジカメ・ミラーレス一眼・デジタル一眼レフ
の3つを説明します。
ほかにも細かく分けるとありますが、大抵この3つから選ぶこととなります。

コンパクトデジカメとは
その名の通り、コンパクトなカメラの総称。
レンズ交換ができないタイプのカメラです。

価格帯で言うと新品だと7.000~30.000円程です。
ほかの二つと比べると価格的にリーズナブルで、
あまり知識がなくても簡単に撮影できます。
逆を言えば、安いものはあまり細かい設定ができなかったりします。

ミラーレス一眼とは
その名の通りミラーがない一眼レフです。
ここで?が浮かぶ人が多いのではないでしょうか?
ミラーがないとどうかなの。あったらどうなのか。
こんな疑問があるかと思います。
どうです?ふんたろうの推理は合っていますか?

まずミラーの説明が必要ですね。
ミラーがあるとファインダー(覗くとこ)越しに見えるのは
ペンタプリズムを通して見えた光。
ようは、鏡を通してみたままの風景です。

ミラーがないとレンズを通った光が映像として変換され、
その映像を電子ビューファインダーや、液晶モニターに映されます。
ようは見たままの風景ではなく、デジタル信号に変換された映像を見ることになります。
小さいテレビを通して見た映像って感じ!?

噛み砕くとこんな感じです。

価格帯で言うと30.000~700.000円程です。(本体価格)

コンパクトデジカメに比べると少し大きめ。
一眼レフに比べるとコンパクト。
価格も中間に位置します。
最近ではプロ機として、CANON、NIKONも参入してきました。
コンパクトな高品質な機種が出てきたため今後期待されますね。

一眼レフとは
ミラーレス一眼でも少し説明しましたが、ミラーがある一眼レフです。
ようは、鏡を通してみたままの風景です。
価格帯で言うと40.000~500.000円程です。(本体価格)
ほかの二つと比べると一番大きく、値段も高い傾向があります。
しかし、より細かい設定ができたり、レンズ交換ができます。

それぞれのメリット・デメリット
やはり種類によってメリット・デメリットがあります。
種類別でみていきましょう。

コンパクトデジカメ
メリット :安い
コンパクト
データ容量が小さいため保管容量が少なくて済む

デメリット:細かい設定が出来ない機種がある
センサーサイズが小さいためボケにくい
レンズが交換できないため搭載されている焦点距離以外の撮影ができない

ミラーレス一眼
メリット :値段が二つと比べると中間
サイズが二つと比べると中間
ミラーがないため動作音が小さい
レンズ交換ができる
レンズが一眼レフに比べ安い
センサーサイズがコンパクトデジカメに比べ大きい
高画質である(一眼レフと同じくらいの高画質機が登場している)

デメリット:レンズや、アクセサリーがまだ少ない
AF(オートフォーカス)の速度が遅い機種が多い
デジタル信号に変換された映像のため、少しタイムラグがある
高画質機の場合データが大きく、保存容量が必要になる
レンズ交換時にセンサーに埃が付きやすい

一眼レフ
メリット :センサーサイズが大きくなるためボケが出やすい
レンズが豊富
高画質である機種が多い

デメリット:値段が二つと比べると高い
大きい・重い
シャッター音が大きい
高画質機の場合データが大きく、保存容量が必要になる
レンズをそろえると、他のメーカーに変えずらい

センサーサイズの種類
先ほどもちらっと出ましたがセンサーサイズっていうものがあります。
デジタルカメラはどれも光を電子信号に変換しています。
その役割を担っているのがセンサー。
ということで、センサーが大きいと光を受ける面積が大きくなりますよね!
センサーサイズが大きいとやはり画素数が大きくなります。(基本的に!)
じゃあそんなサイズがあるのでしょうか?
一緒に見ていきましょう。

フルサイズ      :36.0×24.0mm

APS-C        :23.6×15.8mm

マイクロフォーサイズ :17.3×13.0mm

1型          :13.2×8.8mm

1/2.3型        :6.2×4.6mm

それぞれのメリット・デメリット
だいたい上の5つくらいあります。メーカーによって多少の誤差はあります。
じゃあサイズが違うと何が良くて何が悪いのでしょうか?
大きいメリット :高画質である
ボケる

大きいデメリット:データ容量が大きい
カメラボディーが大きくなる・重くなる
カメラが高くなる

小さいメリット :低価格である
データ容量が小さくて済む

小さいデメリット:ボケにくい
カメラボディーが小さく・軽い
低画質である

レンズ交換式のメリット・デメリット
ここまで読んだら分かる通りレンズ交換できるものと出来ないものがあります。
どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

レンズ交換できない
メリット :センサーにゴミが付く心配がない
レンズを買い足す必要がない

デメリット:搭載されている焦点距離以外の撮影ができない(広角や望遠)
搭載されている開放F値以外の撮影ができない(明るさの違いや・ボケかたの違い)

レンズ交換できる
メリット :レンズ次第でどんな撮影でもできる
レンズは資産になる
同じメーカーのカメラならレンズを併用できる(センサーサイズにもよる)

デメリット:センサーにゴミが付く心配がある
レンズを買い足す必要がある(お金がかかる)
メーカーに縛られる

ここまで読んだあなた!!
ありがとうございます。
そしてお疲れさまでした。

さて、ここからが本題です。
最初に選ぶときにポイントとなるのは4つ!!
①予算
②大きさ
③メーカー
④写真の用途

と言いました。

一つずつ解説していきます。

①予算
これはボディーだけの予算ではなく、レンズ、メモリーカード、その他アクセサリー全部の予算です。
購入後どこまでカメラを使うかにもよると思います。
予算なんてない!!って方はほとんどいないんじゃないですかね。
そんな言葉言ってみたいですがw

できる限り安く済ませたいかもしれませんし、
最初に投資しておけばのちに買い替える必要がないかもしれません。
ただの記録でよければ安いコンデジでいいかもしれません。

なので自分のお財布事情を考え、カメラ関係に出せる予算をまず決めましょう。

②大きさ
この大きさというのはボディーの大きさです。
小さいと軽い。大きいと思いです。
子どもの写真を撮るのであれば小さく軽いほうがやっぱりいいですよ!
ふんたろうは自分の子どもを撮るときに重くて苦労しています。
日頃持ち歩くにはフルサイズ機はやっぱりでかいのが現状です。
しかも大きい機種だと値段も高く、子どもに触られたくない!!
よだれや、ぶつける心配があります…

③写真の用途
『被写体は何か・写真を何に使うか』ここがとても大事!!!!
ただの記録用なのに一眼レフのゴツイのは必要ないし、
コンテスト出品のため大きく印刷したいのに、コンデジの画素数が小さいものだと
スペックが足りない…なんてことも!
そのため写真の用途は重要です。

じゃあ自分の用途にはどのくらいのスペックが必要なのか。
これは断言するのは難しいですが。
皆さんがよく比較する画素数だけでいうと大手プリンターメーカーの
エプロンさん曰くL版なら80万画素で十分だそうです。
実際に比べた方がいらっしゃします。(L版 画素数でググってみてください)
80万画素ですよ!ちなみにふんたろうが使っているD810は有効画素数3635万画素。
どんだけオーバースペックなんだ!!
ですがカメラのキタムラさんでは150万画素以上を推奨しているみたいです。
次にちょっと大きくなってA4サイズに印刷するのは…
キタムラさんでは約900万画素以上を推奨しているみたいです。
これでお分かりの通り、画素数って今のカメラはほとんどがA4サイズくらいなら問題なく印刷できるんです。

じゃあ他に何を比べたらいいの??って声が今聞こえました。w
それは連射スピード(1秒間に何枚撮れるか)や、Wi-Fi機能が付いているかなどがあります。
機能を並べてみましょう。
手ブレ補正機構
バリアングル
タッチパネル
防塵防滴
Wi-Fi機能
Bluetooth
などたくさんあります。

後は、記録メディアがSD・SDHC・SDXC・CFなど違いがあります。
この違いは…ここではやりませんwググってみてね!

④メーカー
メーカーというのもいろいろありますよね。
CANON・NIKON・SONY・FUJI・Panasonic・オリンパス…
こんなとこでしょうか?
メーカーを選ぶ際の目安はいくつかあります。

CANON:人肌を撮るには良い(鮮やかな色表現が得意)一眼レフのレンズが豊富・アクセサリーが豊富
NIKON:色合い深く風景を撮るのに良い(黒色の表現が得意)一眼レフのレンズが豊富・アクセサリーが豊富
SONY:瞳AFがある(顔認識ではなく瞳を認識しピントを合わせる)デザインがカッコイイ
FUJIFILM:昔ながらのクラシックなデザイン・価格と性能のバランスが取れている
Panasonic:ミラーレス一眼に特化・高品質なレンズ・おしゃれなデザイン
オリンパス:小さいボディ・女性ユーザーが多い・雨風に強い防塵防滴仕様のカメラがある。

大まかな特徴はこんな感じ。

さて、自分がどんなカメラが欲しいか少しは具体的に想像できるようになりましたか?
持ち運びが便利で、すぐにスマホにデータが送れるWi-Fi機能がある機種がいい?
これから写真を始めたいからプロ機まで手が出せないから、一眼レフのエントリーモデル?

カメラを選ぶって結構大変ですよね!
でも、大体の人はどのカメラを買っても間違いではないと思います。
それは、今の技術の進歩のおかげです。
コンデジでもかなりいい写真が撮れますし。小さいカメラでも4000万画素以上のスペックを持っている機種もあります。

皆さんは何を基準に、どのカメラを買いますか?
この記事を見てカメラを買ったという方!!
コメントください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ふんたろう。

関連記事:最初に読んでほしい5記事