Softbank通信障害から学んだこと

2018-12-18つぶやき

こんにちは~ふんたろうです。

2018年12月6日の13時39分~18時4分に起きた大規模な通信障害。
みなさんの中にもSoftbankをお使いで支障をきたした方がいらしゃるのではないでしょうか?今回の事態で私たちはいろいろ考えさせられました。
この記事では【Softbank通信障害から学んだこと】と題して書いていきます。




~もくじ~

  1. 当たり前のことなんて無い
  2. 依存し過ぎちゃいない?
  3. 今回はSoftbankだったけど、他でないとは言い切れないのでは?

当たり前のことなんて無い

ふんたろうは熊本地震の時にも同じことを思った。いつも変わらぬ朝が来て、普通に仕事に行く。帰ったら家族が待っている。休日は家族でショッピングに行ったり公園に出かけたりして過ごす。そんな日常って当たり前のように思ってしまうけど、当たり前なんて一つもない。
突如地震があるかもしれない。突如インターネットが使えなくなるかもしれない。停電が起こるかもしれない。それは人的要因だったり、自然災害だったり原因は関係ない。「当たり前」と思っていることがいきなり「当たり前じゃない」と気づくのは大抵、事が起こってからである。そして事が起きてからでは手遅れな事が多い。
だから私たちには備えが必要だ。備蓄という備え。避難所をあらかじめ家族で共有しておくという備え。備えなくして「いざ!!」と言うときに対処できない。
ふんたろうは熊本地震後、最低限の備蓄をしている。水・食料・子ども用紙おむつ・現金・着替えなどをすぐに持ち出せる場所に用意している。そして年に2回ほど賞味期限や、使用期限を点検している。そして避難所も家族で決めている。そうすると、もしもの時に連絡が付かなくても、とりあえず向かえば落ち合うことができる。
みなさんは「備え」してますか?
当たり前なんて何もないと思うと日常のありがたみが分かりますね!!何事にも感謝!!


依存し過ぎちゃいない?

これヤバくないですか??私たちってインターネットにものすごく依存した生活を送ってますよね!今回電話・メール・LINEやSNSが使えませんでした。
こんなに依存していて大丈夫なのかとものすごく不安になり、どうしたらいいのかいろいろ考えました。家に固定電話があったがいいのか?とか…考えても良い答えは出ませんでしたが…
インターネットってあって当たり前と勘違いしてると今後大きな損失を受けちゃうかもしれないですね!!完全にパソコンだけで生きている人ってどのくらいいるのでしょうか。このブログだってインターネット環境がないと誰にも見てもらえません。てか、ふんたろうすら編集できませんし。
政府が進めているキャッシュレス化。これも考えものですね。ふんたろうはこれまでキャッシュレスは良いことが多いのでは?と賛成の立場でしたが、今回のような時や停電の時は使い物にならないですよね?カードを使ったものであれば通信障害の場合は使えるかもしれませんが。やっぱり現金も持ち歩いていないと…
何をするにしても一つのことに依存し過ぎると、使えなくなった時・なくなった時がものすごく困りますね。ある程度分散させることもリスク回避につながると勉強になりました。

今回はSoftbankだったけど、他でないとは言い切れないのでは?

ふんたろうはSoftbankがこのような事態になったからと言って他に乗り換えようとは今のところ考えていません。なぜならSoftbankで通信障害が起きましたが、他の会社では絶対起きないとも限らないですよね?Softbankに思い入れがあるとかないとかの問題ではありません。ただ単に他の会社でもないと言い切れないのならこのままでいいのでは?と考えるからです。

ちょっと話は変わりますが、SONYのミラーレスカメラでデータが消える・レンズが壊れるといった不具合が何件も起こっているようです。SONYユーザーはきちんと直れば使い続けたいとネットで読んだことがあります。ふんたろうはNIKONを使っていますが、この不具合に興味をもっています。今回のSoftbankの通信障害とはかなり違いますが、きちんと直ってくれさえすれば使い慣れたものがやっぱりいいですよね!!

っとこんな感じで今回の通信障害についてふんたろうが思ったことをつらつらと書いてみました。みなさんは何を感じどう思いますか?よければコメントへ!!





つぶやき

Posted by syunji