熊本地震 本震

2019-01-10つぶやき

こんにちは。
ふんたろうです。

昨日の熊本地震から1000日目の記事に関連してずっと下書きに保存して全く書いてなかった本記事。
今日は1000日前を思い出しながら書いていこうと思います。
関連記事:熊本地震 前震

2016年4月16日午前1時25分

最大震度7の地震が発生。

ふんたろうはこの時当時のアパートに一人で寝ていました。

「また余震か」と思い寝ぼけながら布団にくるまっていました。

すると、アパートの周りがものすごく騒がしい。

何があってたかというと、近所の方々が一部屋ずつ「大丈夫ですか~!!!!?」とドンドンとドアを叩いて廻っていたんです。

その時に事の重大さにふんたろうは気づきました。(おせーよ!!)

電気を点けようと思っても点かない、携帯で回りを照らすと片づけたはずの部屋がぐちゃぐちゃ。部屋の電気の傘がふんたろうの布団の上にあるじゃないですか!!

すぐ枕元に用意してた靴を履き、避難道具を持ち部屋から出ようとしたが通れない…

1Kのアパートだったため玄関を入ったらすぐキッチンでその奥に部屋があったんですが、冷蔵庫が倒れて玄関まで行けないし!!

冷蔵庫が斜めになってる、レンジも下に落ちてる、ガスコンロは玄関に落ちてる…

靴を枕元に置いていて助かった。

冷蔵庫をよじ登ってまたいで、レンジの上に着地、レンジは今でも使っていて天板は乗ったせいで凹んでいますw

そしてアパートの外にやっと出れました。

外に出ると、前の駐車場にみんな集まっていました。

駐車場の中心に見知らぬ人が肩を寄せ合って、余震の度に「うわぁ~」「きゃ~」とみんな叫んでいました。

この時に彼女(今の嫁)と電話で話します。

そして彼女と合流することになりました。

当時原付と軽自動車に乗っていて、原付のほうが身軽に動けるので原付で彼女家族のもとへ。

「周りの人からは今動くのは危ない!!」と言われたんですが、どこにいても安全じゃなかったんで行っちゃいました。

自分のアパートは停電してたんですが途中信号機は機能していました。

車で移動している人はみんな安全運転!

原付の場合余震はわかりませんでした。

途中通った田迎交差点の中心が陥没していました。

無事彼女家族と合流。

いったん駐車場でそれぞれの車に乗り込んでいたんですが、中学校に避難することにしました。

それから中学校のグランドで車中泊。

そんなパニックになっている中、車を一台一台ノックしている女性の方が。

「看護師です。体調の悪い方いらっしゃいませんか?車中泊すると、エコノミークラス症候群になるかもしれないのでたまに動いてください」と言って廻っているんです。

おそらくあの方も被災された方だと思いますが、「自分にできることは何か?」と動かれていたのだと思いました。

こういう方がいてくださったおかげで助かった方もいるのではないでしょうか?

自分も被災しているのにすごいですよね。

もしかしたら前震の時に来てくださった支援の方だったのかもしれませんが、その方も本震を経験されたんですよね。

あの時はみんな助け合いでしたね。

そのまま車中泊で朝を迎えました。

ふんたろうの実家は比較的地震の影響を受けていなかったのでふんたろうだけ一旦帰りました。車に乗り換えて。

ちなみに会社は連絡あるまで自宅待機だったと思います。

実家に帰ってみんなの無事を確認して、腹ごしらえ後、近くのスーパーでご飯など必要と思われる物資を買いあさり彼女家族のもとへと戻りました。

この時すでに学校の校舎・体育館が開放されていてふんたろう達は空き教室で避難することになっていました。

ご飯を買ってきたと並べると、他にも貰い物があってふんたろう達はごはんに不自由することはありませんでした。

それに比べ彼女はこの日夜勤でおにぎりしかなくてひもじいい思いをしたそうです。

ふんたろう達がこの地震で不便したことは特にありませんでした。

やっぱり避難道具はすごい助かりますね。

用意していて良かった!

ちなみに彼女にはあきれられたんですがカメラは大事に持って避難しましたw

カメラ持ってたんでいろんな写真を撮れば良かった!!

と、熊本地震 本震はこんな感じでふんたろうは乗り切りました。













つぶやき

Posted by syunji