同窓会ってどうやったらいいの?

やりたいことリスト

こんにちはふんたろうです。

ふんたろうのやりたいことリストの1つ。
【30歳の年に高校の同窓会を開く】が無事やり遂げられました!!

ふんたろうの学年は2019年度で30歳をむかえました。

そんなおっさんの仲間入りを果たしたふんたろう達が高校の

クラスの同窓会を主催して学んだことをつらつらと書いていきます。

~もくじ~



普通の飲み会と同窓会の違い

まずみなさんにお尋ねします。

同窓会の幹事ってやった事ありますか?

やったことのある方ならお分かりいただけると思いますが

普通の飲み会の幹事と違うことがいくつかあったのでここでご紹介。

①クラス全員の連絡先が分からない。
②先生の連絡先が分からない
③現在の住んでいる場所がバラバラで開催地に困る

ふんたろうが困ったのはこの3つでした。

一番困ったのが①のクラス全員の連絡先が分からない、でした。

普通の飲み会は大抵仲の良い人ばかりですよね?

ですが同窓会はちょっと違います。

そして②の先生の連絡先が分からない。これも今回は苦戦しました。

結果から言うと、どの先生も来てもらえませんでした。

まず、昔知っていた先生の電話番号が変わっていて担任と連絡が取れない。

8年ほど前はつながったんですが…

さすがに8年の間に番号が変わっていました。

最後に③の現在の住んでいる場所がバラバラで開催地に困る。

当たり前ですが、もう半数近くが家庭があったり・実家を出ていたりと…

どこですっか?ってなるわけですよ!!

連絡先の集め方

高校を卒業して12年。37人のクラスだった菊池農業高校農業科。

男子35人。女子2人。

まずふんたろうがもともと知っていたのが11人。

それ以外どうやって連絡をとったかと言うと。。。

友達経由・SNSで検索。

この二つです。SNSで直接やり取りをし、ある程度連絡が付けばそこから

友達経由で広がっていくって感じでふんたろうはやりました。

ただしどうしても連絡が取れない人もやっぱり出てきます。

そこはもう諦めました。
・電話を時間帯を変えて何度かしてもだめ
・誰に聞いても知らない
・SNSでメッセージを送っても返事がない
・SNSですらひっかからない

こうなるとお手上げでした。

もっと時間があれば、友達関係で遠回りをすれば連絡が取れたかも…

っともっと早く動いていれば良かったと後悔しています。

次に先生との連絡の取り方をご紹介。

ふんたろうの場合担任とは別の先生経由で連絡を取ってもらうことに成功。

その別の先生の連絡先はどうしたのか?

それは後輩です。

3つ下に弟がいて、その弟も同じ高校の農業科卒業。

もともと当時の菊農は携帯OKな学校でした。

なんせ敷地がものすごく広く、校舎から畑まで徒歩15~20分くらい?

その畑もものすごく広く携帯で先生と連絡を取っていました。

なので何人かの先生とは連絡先を交換するんです。

そしてふんたろうが知らない先生の番号を弟が知っていた。という感じで

先生の番号をゲット!!

でも結果予定がその先生は合わなかったのと、

他の先生からは返事が無かった。とのことで、先生は誰も来てくれませんでした。

他にネットでは
『現在の勤務先を調べ学校に電話し、用件を伝え
    自分の電話番号を教えて先生から直接電話をもらう』
勤務地は自分の出身校に聞けばどうにかなる。
県立高校の場合ネットで赴任先が調べられる。

という方法が載っていました。

赴任先まで分かったとしても、先生の現在の勤務先に電話しても

取り次いでもらえない。などの問題があるようです。

そこでこちらの電話番号を伝え、先生から電話をもらういうにすると良い。

っとネットで見かけました。

まぁふんたろうの場合試してないので分かりません。

出身校に電話しても個人情報とか言われるんでしょうね!!

開催場所については集まりやすい場所にしました。

熊本市内がふんたろうは良かったですが、大体みんなの出身地辺りで開催しました。

結果、市内でしたとしたら来なかった人もいて場所は光の森で正解だったようです。



幹事をするときの心得 5つ!!

①開催の1年前から連絡先を集めるべし
②先生の連絡先が分からない事が多いので現在の勤務先など情報を集めるべし
③多く集まってもらえるよう、日にちを固定し周知すべし
④グループ・派閥が当時あったとしても全員に声をかけるべし
⑤3割集まったら上出来と思うべし

連絡先を集めるのが一番苦労します。
日にち・場所・金額なんて決まっていなくても全く問題ありません。

まずは呼ぶ人のリストを作り、連絡先を片っ端から集めると良いでしょう。

相手の都合もあるので1回では連絡が付かない場合が多いので1年くらい見ておくと安心ですね!
ちなみにふんたろうは5か月前から集め始めて足りませんでした。

そしてみんな仕事・家庭があるので日にちを固定して
あらかじめ有給申請する余裕を持たせる・家族間の予定を合わせる猶予を
与えておくと人数が集まりやすいです。

そして当時はいろいろあった仲だとは思いますが、みんなに声をかけることは大事です。
人数が多いに越したことはありません。

最後に全員集まるなんて絶対ありません。
3割集まれば優秀です。

今回の同窓会は2割しか集まれませんでした。
連絡が付いたけど来れなかった人の多くは
「仕事の都合が付かなかった」でした。

そこはしょうがないです。
別の日にすると、また別の誰かが来れなくなります。

幹事としては人数を集めたいと思いますが、そこは割り切って
「この日に来れる人」と考えたほうが良いとふんたろうは思います。

最後に

ふんたろうは幹事をして良かったと思うことがあります。

それは自分は絶対参加できることです。
さすがに当日インフルエンザとかは無理ですが…

人数が少なかろうが、先生が来なかろうが誰からも怒られることはありません。
あっ!!!!怒られる可能性がある人がいます。嫁さんです…

んっうん…!w
これ以上何も言いません。
言えません。wwww
察してください。w

幹事をしてなければもしかしたらふんたろうは、仕事だったかもしれません。
希望休を取れないことは少ないですが。

でも幹事の場合、自分の都合も組み込めるので良いことですね!!

後は、学びも多くありました。

今読んでいただいたこの記事はふんたろうが体験したことなので
主催していなければこの気づきも無かったはずです。

ふんたろうはこの5か月結構大変でした。
でも最後には『幹事してくれてありがとう』って参加したみんな言ってくれました。

学びもあり、感謝もされ、朝5時まで飲んで遊んで、雪の中…w

誰の何の役に立つ情報か分かりませんがw
こんなところで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメント待ってます。