熊本城マラソン2017 完走

2018-10-23やりたいことリスト

 

こんにちはふんたろうです。
一年前ですがフルマラソンを完走した時の話。

前もって言っときます。ふんたろうは走るの大嫌いです。

2017年2月19日の熊本城マラソンに出場しました。

結果から言うと6時間44分18秒で完走しました。

もくじ
出場までの経緯
準備期間
当日のふんたろう
完走してみて感じたこと
おわりに





出場までの経緯

なぜふんたろうがフルマラソンを走ることになってしまったのか。それは親友のM氏が2016年に初フルマラソン完走を祝って飲んだ時のことです。

「来年はふんたろうも一緒に走ろうな!」とM氏。
「おう!抽選で通ったらな!」
という飲んでる時の会話をM氏が覚えていたために起きた悲劇だ。
2016年8月頃 ふんたろうはマラソンのことなんてすっかり忘れていました。が!M氏から恐怖のLINEが届いたのです。「応募始まるよ」と…
飲んでいたとはいえ、自分の口から出てしまった言葉なのでとりあえず応募することとなりました。ふんたろうはこの時まだ知りませんでした。初参加の選手は抽選が2回受けれて通りやすいことを…
そして案の定ふんたろうは初挑戦の枠で通ってしまいました。2016年2月のあの飲んでる席で「おう!抽選で通ったらな!」なんて言わなきゃ良かった。と後悔。

でも、言ったからには完走しよう!と練習を始めます。


準備期間

アパートを中心に3㎞~7㎞くらいを週に2~3回走っていました。最初はやる気めっちゃあったんですよ!時には夜勤明けに日本一の石段を走って上ったこともあったんですから!そんな練習で右ひざに違和感を覚えます。なんか痛い…
長い距離を走ると痛くなる右ひざ。練習で無理したら本番やばいかも~と自分に甘く練習をほとんどしなくなりました。
一番長くて13㎞くらい。

本番が近づくと腕に付けるスマホケースを買ったり(100円均一)、シューズをそろえたり一応しました。
M氏は「何のコスプレして走る?」と浮かれています。
ふんたろうは走りにくそうだけんふつーの服装で走ることに。


当日のふんたろう

朝早くから熊本市役所でM氏と合流。
4時間を目標にしよう!と意気込みだけはありました。
荷物を預けスタートラインにつきます。ふんたろうは初挑戦枠ということもありかなり前からのスタートです。Bブロック!M氏は2回目だったのでだいぶ後ろからのスタート。Cブロック。

なんでこんな朝早くから寒い中走らなきゃいけねーんだよ…と思いながらも完走はしてやると、意気込んでたんです。このときは…

スタートの通町筋には水前寺清子さんや、スザンヌさんや、サンプラザ中野さんなどもいましたが、もうふんたろうは変な緊張で周りを見ている余裕がありません。

M氏とは途中で落ち合う段取りです。
フルマラソンの部がスタートし、前方が徐々に走り始めます。前がある程度走らないと後ろは動けないんですね。ふんたろうはBブロックということもあり早い時間から走りだしました。

ほんと一番後ろの方は開始10分くらいしないと、まともに走れないみたいでした。ってことは10分くらいハンディをもらってたことになる?

そして5㎞地点を過ぎたころM氏に電話をします。結構近くまで来てました。平成大通りを折り返したとき後ろから、M氏がドついてきました。ピカチュウのコスプレをしたM氏。子どもからすごい応援されていてわざわざハイタッチしに沿道側を走っています。こいつは馬鹿か…そう思ていました。ペースがめっちゃ早いんですこのピカチュウ!!!4時間を目標ってことは1㎞5分~6分で十分良いのに、このピカチュウ1㎞4分前後のペースで走るんです。

ふんたろうは思いました。ピカチュウについていったらふんたろうはもたない。
すぐに決断しました。「先に行って」と。
俺はこいつと走るために応募したのにいつの間にか、一人で走ってる。と言うか、M氏と一緒に走ったのは500mくらいしかなかったんじゃないかな…
全体の1.1%くらいしか一緒じゃなかった。ww

いろいろ考えながら自分のペースで行こうと決めます。
そう!!この後ゴールまでM氏と会うことはありませんでした。w

ここからは自分との闘い。
何のために走ってんだ?
いつ終わるんだ?
誰のせいでこんなキツイ思いしてんだ?
M氏のせいか?
あの時(お酒の席で)勢いで言ったせいか?
周りにいるこのオッサン速え~
アップダウンやばっ

こんなことを考えてたら15㎞地点で妻と、義理母が応援に来てくれてました。ピカチュウどんくらい前に行った?って聞いてもピカチュウ何人かいてどれか分からない。と妻に言われこの時にもう追いつくのは諦めました。

てか、ピカチュウってそんなにいたんだ?ww
サングラスをしたヤンキーピカチュウw
高速移動でもしてたんじゃないのか?w
20㎞地点でM氏に電話をします。
「もう俺、走れねーわ…」そうふんたろうは右膝の爆弾がすでに引火してました。
右足が地面に着くと痛い!!!まだ半分も来てないのにこんな状況。
もうちょっと無理なんじゃないかって思っていたのを覚えてます。その時M氏はもう25㎞地点を過ぎて熊本新港に向かう一本道を走っていました。「もしかしたらこの一本道ですれ違うかも!!」とM氏に言われて「なら、そこで会おう」と電話を切ります。しかもこの時点でスマホの充電がやばいことに気づき音楽も聴けない状況に…

体力はまだまだ有り余ってるのに足が自分の足じゃないみたいに重く、痛い。フルマラソンって体力の問題じゃないんだな。と知りました。

そして例の一本道!!?????もうM氏は一本道通り過ぎてんじゃねかっ!!!どうなってんだよ!って感じ。w
しかし。周りを見れば小さい子が飴やチョコレートをバスケットに入れて応援してるんですよ!
「1つどうぞ!頑張って!」と応援してくれるんです。こういうことか!一人で走ってるけど一人じゃないって!と気づきます。周りの応援がなければふんたろうはこの時もう諦めてました。
冷感スプレーやバンテリンの大きいやつをもって応援してくれてる方もいらっしゃいました。次の冷感スプレーまで頑張ってみよう。次のバンテリンを持ってる方のとこまで頑張ってみよう。と、一つ一つ小さいゴールを決めながら走りました。

30㎞地点を過ぎた辺りで、もしかしたらもう関門での締め切りがせまってるんじゃ?と思い、M氏に電話します。すると!!もうゴールしてました。はやっ!!!付いていかなくて良かった…と安堵もつかの間。次の関門まで1㎞10分のペースで行けば間に合うとM氏からアドバイスしてもらいました。が、その時のふんたろうに1㎞10分のペースで歩くことが可能なのかぎりぎりのところでした。ほんと、スマホで時計を見ながら走っていると。新幹線の線路をくぐる高架下でロンドンブーツの田村亮さんに抜かれました。やけに人が見てるな~と思ったら亮さん。ふんたろうはもう走れなかったので、小走りだった亮さんに抜かれました。

あと関門3つ!!
しかも一番近い関門まで1㎞10分ペース!

この時また「なんで走ってるんだろう?もう諦めれば楽になるのに…」と思いながらも、「ここまで来たんだけん頑張らんと後悔する」と歯を食いしばって足を前へ進めました。すると関門の少し前で、「頑張って!あと少しで関門が閉まるよ!」と声をかけてもらいました。もうこれ以上頑張れない。とも思いましたが。段ボールにメッセージを書いてる方もいるんです。『きついのは気のせい』wwww
ほんとに体も心も疲れているときにあれ見せられたら笑っちゃいます。何も知らないくせに!!w
一応気のせいなんだ~って自分に思いこませながら一歩一歩前へ!
ギリギリのところで第6関門突破!!

次の第7関門までまた1㎞10分のペースで行かなければここまでの努力が水の泡。でもこの第7関門さえ突破すると第8関門までは時間に余裕ができる!!!とあれだけ疲れていたのに計算して走っていました。

こういう時に日頃身に付いていることが出てくるのかな~?
そして第7関門があと300mくらい先に見えてきたとき!!
「後5分程で関門を閉めます。」とのアナウンスがあったんです。本当にやばい!と感じ右足を引きずって進みました。というか、右足が付かないように左足一本でケンケンのようにしていきました。

あと2分!!!!と言われている横をどうにかふんたろうは突破!!!
涙で前がぼやけていました。まだゴールしたわけでもないのに達成感をココで感じるふんたろう。wここまでくればあとは時間との勝負じゃなく、自分との勝負!!
2分後うしろでは…関門を突破できなかった方が落胆しているのが見えました。それを見るとまた涙がこみ上げてきます。
先ほどより時間に余裕ができて、無理していたスピードを落としぎりぎりのところで足を進めました。第8関門が見えてきたとき、ハイタッチをしている沿道の方がいました。道も狭く、ふんたろうもハイタッチをしながら進んでいると!!そこには見覚えのある人が!

専門学校の時にお世話になった先生がいたんです。「先生~!!あとちょっと頑張ってきます!」と完走することを約束して走りだしました。

無事第8関門突破です。
ここまでくれば後は時間を気にすることなくゴールをめざすだけ。しかし、ここまでくると本当に身体の限界を感じました。時間に追われていたため気が薄れていた右ひざの痛み。もう右足が地面に触れるだけで激痛!!ケンケンしても衝撃で激痛!!まじ痛みを堪えながら最後の上り坂を上がっていると、周りにはふんたろうと同じように足を引きずっている人ばかりでした。

そんな時に一人の男性から声をかけてもらいました。その方は整体師をされている方で、軽く揉んでもらい、「もう少しですよ!一緒に頑張りましょう!」と自分もきついはずなのに励ましてくれました。ふくらはぎを揉んでもらったので気のせいか楽になり、一緒に走ってくれる人が最後の最後にできた喜びも感じれました。

そしてついにゴール!!

6時間44分18秒!!
6時間て!!wwwwwwww
何が目標4時間だよ!w

ゴールではピカチュウが待ってくれていました。ww


完走してみて感じたこと

フルマラソンって一人の力だけで走るんじゃなんだなってこと。沿道からの声援、ボランティアスタッフ、一緒に走る仲間。そんないろんな人に支えられて42.195㎞を走れるんだなと感じました。

あとは、フルマラソンは体力ではなく忍耐力。人との勝負ではなく自分との勝負!!日頃ここまで自分を追い込むことはそうないこと。

沿道から飴ちゃんを手渡してくれる子ども。
沿道から熱い応援をしてくれた方々。
バンテリンや冷感スプレーをしてくれる応援の方々。
本当にありがとうございました。

 

誰かに勧めるようなことはふんたろうはしません。ふんたろうは死にかぶって走ったので…w

でも走るよ~って方は応援します!!

2019年走る方コメントいただけると嬉しいです。

 


おわりに

ふんたろうはマラソンの翌々日仕事でしたが、筋肉痛、関節痛のため仕事になりませんでした。施設の利用者よりもふんたろうの方が身体が動かなかったという事実。

自己管理は大事です。ほどほどに身体を動かしましょう。無理は禁物です!!

フルマラソンもう走ろうとは思いませんが、一度は走って良かったなと感じました。完走も出来たし、もうこりごりです!!!!!!!!!w

 

関連記事:ふんたろうのやりたいことリスト
関連記事:最初に読んでほしい5記事