カメラマンに転職

2019-09-09仕事

初めて社会人として働くことになった株式会社ワーク

はじめに言っておきます。
ここでふんたろうはカメラに出会い恋に落ち駆け落ちします!!!

この会社は基本カレンダー通りのお休み!
月曜~金曜:8:30~17:30まで仕事
土曜:休み
日曜:休み

関連記事:ワールドダイブ株式会社

いつもどおり仕事をこなす生活を送っていたふんたろうがカメラと出会う!!
当時kawasakiのZRXⅡという400ccのバイクに跨り一人で遠出するのが好きでした。
バイクに跨り大観峰まで走らせる日々

関連記事:ドライブで定番!?大観峰!

そんなときにふんたろうはコンデジで風景写真をパシャリっ!
バイクで走る楽しみと、写真を撮る楽しみを同時に味わっていました。

そんなある日ふんたろうの隣にはデジタル一眼レフを構えてるおじ様が何人も…
しかもバイクはハーレー…革ジャン着てごつい一眼レフ…
ふんたろうは思った!!!!
かっけーーーーーーーーーーーー!!
俺も一眼買おう!!
バイクはアメリカンがあんまり自分の好みじゃないw

いろんな人に相談してふんたろうが選んだのは
Nikon D5100 ダブルズームキット 18-55 55-300

当時のD5000番代の一番最新のやつをゲット!!

これがふんたろうの初恋。

この彼女を連れ九州で観光地と呼ばれるところに
ふんたろうは車中泊ありきの旅をした。
南は鹿児島の佐多岬。
東は大分の鶴御崎
西は長崎の神崎鼻

車で行けるところなら九州どこでも行ったんです。
風景写真を撮るために。
この一人旅のお話は下の記事からどうぞ。
関連記事:一人旅

この頃、身近な人から結婚式の写真を撮ってくれと頼まれるようになります。

結婚式はファインダーを覗くとみんな笑顔!
新郎新婦はもちろん参列されてる方みんなが笑顔。
この特別な日を写真に残せるカメラマンという職業に憧れる!!

そしてこの憧れがカメラマンになる原動力となり2015年3月約5年勤めた
ワークを辞めることとなるんです。

ワークの仕事が嫌になったわけではなく、
自分がしたいと思える『夢』ができました。
そんなふんたろうを一番応援してくれたのが
昔ふんたろうを叱ってくれたあの先輩。

「ふんたろうの夢を俺は応援する」と言っていただきました。
そしてワークに許可を得て、カメラマンになるべくダブルワークを始めます。本当はうしおという居酒屋でもバイトしてました。なので3つ掛け持ちして死にそうでしたw

平日はワーク、夜はうしお、休日だけ研修のような感じで、あるカメラマンのところに行き始めました。
3か月ほど休みが無くハードな生活でしたが、

自分がしたいことのために休みを使っていたので
まったくきつくありませんでした。
ウソですめっちゃきつかったです。でも、キツイ<楽しいでした。

その研修をさせていただいていた会社の社長様からこんなことを言われました。
社長「好きなことを仕事にするのはいい事。ただ覚悟をしなさい。甘い世界じゃない。」

これの言葉がのちのちのふんたろうに大きな影響を与えます。

そしてついに2015年3月ワーク退社。
研修をさせていただいていた会社ではなく違う堤写真館に就職。

憧れだったカメラマンでびゅ~です!!

この先は下記の記事からどうぞ
関連記事:思い描いていたカメラマン像とのギャップ
関連記事:最初に読んでほしい5記事